ブランド品や革製品だけではない

名刺入れで1番定番のものはやっぱり革製のものでしょうか。
革製は使うごとに風合いも出て経年変化も楽しめていいですよね。
革製品でもあまりブランドが分かるド派手なものはよくないそうです。
派手な物をあえて使い話のネタにすると言う人もいるようですが、なかなかな上級者向けなテクニックですね。
シンプルな物は無難ですがマイナス面がない分、デザインのものが1番なのでしょうか。
革でも質によって名刺に革の色が移ってしまうものがあるんだとか。 名刺入れを選ぶのも大変ですね。

アルミやステンレス製の名刺入れもよくありますが、ビジネスシーンではあまり好まれないと言う意見も多々あるようです。
硬くて名刺が傷つきにくいと言うメリットもありますが、好まれない理由は指紋が目立つ、保管用だからと言った意見が多いみたいです。
グレーゾーンにはあまり踏み出さない方が良いのでしょうかね。

革、アルミ、ステンレス製以外では木製のものもあるようです。
実際にはあまり見かけた事はないですが、木は暖かみがあり木目なども一つ一つ違うので気になります。
ただ落としたら割れやすいなど強度の部分では難がありそうです。
木は修理も出来るのでいいですが、忙しい時に修理もなかなか出せないでしょう。

また職業によっても好まれる名刺入れが変わるようです。
高価な物を取り扱っている職業の場合は高級感のある方がいいですし、夜の仕事をしているような人はブランドを主張しているような名刺入れの方がいいんでしょうね。

その他には変わった名刺入れももあります。名刺の他にカードや、メモ、ボールペンなど必要なものを全て1つに収納出来る名刺入れもあるようです。
ファミコンのコントローラーの形の名刺入れもあり、これならゲーム好きの間で盛り上がりそうですね。
他にはアタッシュケース型や、ノートパソコン型など個性的なものもたくさんあるようです。
ポケットが付いていて機能性やシンプルさ、どんな場面でも使えると言う万能さを考慮したら革の名刺入れ。
デザインや話のネタにしたければそれ以外のものもいいかもしれませんね。