基本的なデザインだけではなく、おもしろデザインも

名刺の定番として、会社名、ロゴ、住所、連絡先、役職、名前が書かれたものが一般的だと思います。
名刺によっては顔写真、イラスト、キャッチフレーズ、QRコードが入ったものもありますね。
顔写真やイラストがあれば自分の顔を覚えてもらいやすいのでいいかもしれませんね。
特徴的な名刺にすることで、相手の方に何か印象を残せそうです。

また、使用する文字でも印象が変わってくるようです。
明朝体なら少し堅くなり、ゴシック体は比較的柔らかい印象になるそうで、こう言ったデザインにも気を付けて行った方が良さそうです。
余白部分もうまく使うことで見栄えも良くなるので、作る際には意識して作りこんで行った方がいいですね。
また点字を入れるをなど盲目の人にも優しい名刺もできるみたいです。
印刷の加工では型押しや型抜きもでき、ちょっと凝った感じのデザインで高級感も出てきます。
他には角丸にすることで見た目の印象を柔らかくすることも可能です。
また、横向きや縦向きのものもあり、好みで選べます。

中には面白い、変わったデザインのものあります。
有名なものだったらレゴブロックの会社、LEGOは社員があのレゴの人間のキャラクターになっており、そこに名前や電話番号、Eメールアドレスが入っています。
こう言う遊び心のある名刺もいいですね。
他には、ビーフジャーキー風のものがあったり、ケーキやチョコレートなどのお菓子風なもの、組み立てると車になるもの、爪楊枝になっているもの、手裏剣になっているものなど自由度の高い様々な個性的な名刺もあります。
他には風船で出来ており、風船を膨らまさないと連絡先が見えないものもあります。
またパン屋さんの名刺で食パンのような見た目のものもあり、パンも店舗もアピールできとても面白いものもあります。
一度そう言う名刺も貰ってみたいですね。

そんな凝ったデザインもありますが、最近では自宅で簡単に名刺用のデザインソフトでデザインでき、手軽にプリンターで印刷できるものも多いようです。
名刺の用紙も売っているようですので、個人で気軽に自分でデザインもし、始めたいと言う人にはこう言うのも良さそうですね。
一般的な名刺から遊び心満載の名刺まであるので面白いですね。