名刺交換には様々なマナーがあります

会社に訪問した際等に行う名刺の交換方法ですが、まずは目下の者(訪問した者や、商談の場合はお金をもらう側)から渡すことが基本です。
また渡す際には、名刺入れのポケットから出し名刺入れに閉じて挟んでおく等、あらかじめ取り出しやすいようにして相手を待たせないようにしましょう。
交換時は必ず立ち上がって行います。
脇を閉めて胸の高さで渡しましょう。
受け取った後も胸の高さで保っておきましょう。

交換する相手が複数いる場合は、役職が上の方から渡していきましょう。
相手の名刺が縦向きの場合は自分の名刺入れを縦向きにした方が交換しやすいです。
また、交換時に笑顔で相手の目を見て渡すことと、名乗ってからお辞儀、交換と動作を別けて交換すると相手にいい印象を与えられるようです。
交換し名刺に書かれている内容を一通り目を通し、相手の名前の漢字が難しい場合はすぐに確認しておきましょう。
また自分の名前にそう言った漢字がある場合は読みがなをつけておくと良いと思います。

着席後は名刺入れの上に頂いた名刺を置きます。相手側が複数いる場合は相手が座っている順に並べましょう。
名刺はその人の分身と言われているので大切にあつかわないといけません。
名刺を仕舞うタイミングは、商談が終わる頃に名刺入れに収めることが一般的なようです。

ダメな交換方法として、テーブルを挟んでの交換があります。
テーブルを挟む場合はテーブルを回り込んで相手の方へ行き交換しましょう。
喋りながら交換することも相手に落ち着きのない印象を与えるので避けた方が良いでしょう。渡す時は丁寧に渡しましょう。
また名刺入れをちゃんと用意し、直接ポケットや財布から出さないと言うことも基本です。
相手の会社のロゴマークの上に指をかけない、汚れている名刺を出さない(常にきれいなものを用意)、 片手で受け取る、折り曲げる等の注意点もあります。
また名刺を切らさないように注意しましょう。万が一切らした場合は後日郵送し、お詫びをしましょう。