就活で名刺をどう活かせるのか

最近は就活生の間で名刺を持つべきかどうかと言う悩みが多いようです。 就活時に名刺を人事担当者に渡し、アピールする為だそうです。 それでは名刺を人事担当の人に渡すことにどのようなアピール点があるのでしょうか。

1つとしては名刺を作ることによって他の就活生よりも手間や動力をかけていると言うことでしょうか。 名刺はデザインなどが完成したら後はプリントするだけですが、なかなかデザインなどする人は少ないかもしれないですね。

2つ目は名刺交換時にしっかりとした交換が出来ていたらマナーのあるきっちりとした学生だと言う印象を与えられるかもしれません。 名刺交換は新人社員研修などで練習するでしょうが、学生の内からしっかりと練習していることでプラスに見られることもあるかもしれませんね。 その他には交換することによって人事担当の方に直接メールなどでお礼が言えると言うことでしょうか。 訪問した先の企業で人事担当者に直接メールを送れるので面接のフォローメールを送り挽回出来る機会ももしかしたらあるかもしれません。

しかし、就職活動時の名刺は必要や特に効果はないと言う意見も多いようです。 昨今、就職活動で何十社、何百社と応募して行くことは普通のことのようですが、企業側も何百、何千もの応募者を見なければいけません。 面接を受けた何百もの就活生がいるなかで、名刺を持っているからと言って特別扱いされることはないかもしれませんね。 企業側は名刺よりも面接や応募書類を重点的に見るでしょうし、名刺を作るのはまずその部分が十分にクリアーされていないと効果はさほど発揮されないでしょう。 他には個人情報を開示すると言う危険性もあるようです。 会社に勤めている人は会社の情報は名刺に記載されていても、個人情報は記載されていません。 少なからず就活時に多くの名刺を色々な企業にばら撒くことで、個人情報が変な業者の手に渡る事もあり得るかもしれません。

就活時の名刺の使用方法は十分に考えながら作るなら作るでしっかりと取り扱いも気を付けていったほうが良さそうです。